ふつうの日々を生きる


この世に何をしに来たのか考えつつふつうの生活してます
by sakua3619
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
こんにちは。 私も『プ..
by desire_san at 14:27
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:17
私も最近紅白を見た記憶が..
by ys-kaguyama at 11:27
再びありがとうございます..
by sakua3619 at 22:46
けこです❗ 私のblo..
by keko2731140 at 13:28
コメントありがとうござい..
by sakua3619 at 11:19
はじめまして けこです..
by keko2731140 at 13:44
こんにちは 私も「オル..
by desire_san at 11:39
skuna@docomo..
by sakua3619 at 21:57
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 03:34
最新の記事
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:本、TV,ビデオ( 10 )


フライド・グリーントマト

先日BSで「バグダッド・カフェ」をやっていた。なつかしい。今までに何回となく見たけれど、格別なストーリーはない。ただ砂漠の中のカフェに集う人々が仕事が終わってお酒を飲んだり話したり…そんな中に一人ふらっとやってくる豊満な中年女性が巻き起こすちょっとした事。

カフェといっても今のモダンな感じではなくアメリカの20年くらい前のネオンサインが”EAT”なんて屋根に乗っている店だったりがすごくノスタルジック。

これ以外にも1987年に作られた「八月の鯨」「フライドグリーントマト」は私のアメリカ映画ベストスリーである。八月の鯨の崖の上に立つ古いログハウスは私の心が弱った時に立ち寄る場所であり、フライド…のキャシーベイツはその演技のうまさに納得して大好きになった一人です。

この中の「フライド・グリーントマト」は料理名であり、文字通りグリーントマトを揚げたもの。チーズを載せるんだっけ?おいしそう。私はくいしんぼうなので映画の中に出てくる印象的な食べ物をいろいろ妄想するのが好きです。

「八月の鯨」を見た人も多いだろうが、本当に人生の枯れた時期をゆっくりと描いている。前回は50代に見て、また今youtubeで見たら全然感じ方が違ってきた。何かせつなくも豊かな気持ちになる。長い人生の最後のころ、いつもと同じようにご飯を作り、庭に出て花を切り、花瓶にいける。

何もこれといったことがなかったけれど若い時にこの家が建つ場所から海の向こうに鯨が来た。またくるかしらと話しつつ人生の終盤になって妹は年とってから目も見えなくなり、自分もやっと歩いている…
それでも知り合いから釣った魚をもらい、しばしゆっくりと話す。これはみじめでもなんでもなく豊かな暮らしなのだ…という事を今頃知るわたし。

この映画に共通する若くはないけれど、決して不幸せではない毎日。アメリカの70~80年代の様子がなつかしく心にしみる。
a0105185_1485122.jpg

☆↓崖の上から海を見て、かつて鯨が来たことを懐かしむ老姉妹。
a0105185_149484.jpg

[PR]

by sakua3619 | 2012-11-10 14:11 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

You are only seventeen


なつかしい…この時代は一人目の子供が3歳、お腹には二番目がいた。忙しかったけどこの歌が聞こえると
”You are the dancing queen young and sweet only seventeen~~
You can dance you can jive having the time of your life ~~ ”
って歌ったわ。乗りの良い曲だし、踊りたくなってくる。それは今聞いても同じね。ただ当時は歌詞まで気にしなかったけれどこれを見るとホントに若い時の歌だわ、いんやそんなことないか。

I am not seventeen、butいつだってI can dance,I can jive having the time of my lifeだよ…
だから今つらい人もその人生を乗り切ってね。
[PR]

by sakua3619 | 2012-07-18 23:07 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

映画「トイレット」

a0105185_21464222.jpg

これももたいまさこさん出演のカフェムービー?
この映画は日本人原作で日本人脚本(女性)で、カナダのロケですが、オール英語なのであちらの映画を見ているようです。

でもなんとなく過ぎてゆく時間が違う。日本人の母が亡くなったカナダのトロントに住む三兄弟。それぞれが問題をもっている。主人公のレイは人生に何の希望もなく今日も明日も同じと思いつつ過ごしている。そこに残された日本から呼ばれて同居していた母親の母「ばーちゃん」がいた…

もたいまさこは劇中一言しかしゃべりませんがいい味出してました。
この空気感いいです。

書くつもりなかったけれどよかったらぜひ見てください。tsutaya100円だし。
[PR]

by sakua3619 | 2012-05-09 14:00 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

チャムルマンクムチャマッソ-Team H

ついにこんなの貼り付けるようになってしまった...

チャン・グンソク及び韓流POP嫌いな人はスルーして下さい。私も以前は興味なかったです(笑)

チャン、グンソクとビッグブラザーのTeam Hによる「我慢するだけ我慢した」日本語バージョンといっても英語、韓国語入り混じってます。
いろいろバージョンで世界のグンちゃんめざします。


ああ、どうなってしまったのか~自分。いい年して。
でもこういう動画見て元気もらっているのは事実です。

グンソク君はいろいろな変化して現れますが、みな違って見えるのがいいわ~。最後に出てくる赤いジャケットのグンちゃんがステキ。
[PR]

by sakua3619 | 2012-03-24 20:00 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

JKS&PSH's CF & making of "Garden 5"

先日娘が「花粉症がひどくてテッシュがいる~」と言っていたので、私は「へー」と鼻で笑っていたが、どうも昨日ごろから目がかゆい。これは私の花粉症の始まりである…

Youtubeまで行くかわりにこちらにメモしておく(個人用-笑)


2010年韓国TVで放映されたもの。とってもキレがよくて好きです。(もちろん韓国に行ったことないんでGarden 5ってどんなところか知りませんが…)

こちらがそのmaking映像。ドラマでもmakingは見ていて楽しいです。これはダンスメインなのですが、30秒というCFでも準備が大変みたいです。でも楽しそう。とてもリズムカルで身体が動いてしまいます。現在の韓国の経済の原動力のようなものを感じます。


[PR]

by sakua3619 | 2012-03-12 17:02 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

グンソク君のYoutubue

とうとうグンソク君のyoutubeを自分用に貼り付けます。これは日本のコンサートで歌ったらしくファンの方がUPしたのをお借りしました。
彼は本当にいろいろな顔を持っていて、時々別人かと思ってしまいます。
洋服もそれぞれ着こなしていて、特に崩し方が好きです。またヘアスタイルも彼独自の世界を表現していて本当に何といっていいか、こういう人他にいるか知らんと思ってしまいます。(ファンの勝手な妄想です)
まあ、お時間あったら見てください。


[PR]

by sakua3619 | 2012-02-22 15:54 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

昨日の続き…?

私は以前よく映画を見たり、DVDを借りたりしていたがほとんど英国か米国で韓国のはなかった。

それがチャン・グンソク関連で借りるようになってしまった。何本か彼のドラマを見て「同じ人には見えない」くらい役をつくっている。

これは以前レオナルド・ディカプリオで感じたことだ。「鉄仮面」で同じ顔をしているが全く違う人に見えたり、ジョニーデップと共演していた「ギルバート・グレイプ」では知能が遅れた弟役をやっていたが、その時彼の名を知らなかったので、本当のそういう方を使っているのかと思ってしまったほど上手であった。

長女いわく「お母さんもとうとう韓流にはまったの~チッ」と言われてしまった。
まだそこまでいかずグンちゃん止まりですが。そういう私が「コーヒープリンス」を半分くらい見て感想ではないか一言言いたい。

これ視聴率が良かったらしいです。はっきりいってBL(boy's Love)系だと思ってしまったが、途中で男装していた女性(かなり男っぽい)とわかり「お前が女でよかった」となった…
もうわけがわからなくなってしまった。多分男を超えた愛の苦悩を出したいのかしら?私の頭がこんがらがるので続きは止めようとおもう。

BLならそれらしくイギリスのモーリスのような美しいものが見たかった…ちなみにグンちゃんがモーリス演じるとどうなるか。英国だからこその映画なんで無理ですね…

他の方のブログをつれづれなるままに見ていると(私の意見ではないよ)「汚い場面が多いよ」とか、平気で男性のトイレで音や小水の流れるのを見せたり、まあそれは許せるが、部屋や道がとてもきれいとは言えない。これはこういう文化だと言わざるを得ないか、わざとドラマで強調しているのか?

家では寝ながらお菓子を食べてるし、コーヒーを入れつつ鼻をほじったりおな○をしたり…演技ですが。こういうのがあると見るのが喪失されてしまう。その反面お金持ちの家はステキで広くモダンでうらやましい限りだ。まあ私一人そう感じているのではないと思ったのと文化であるということで納得しておこう。

いえいえ、映画などから学ぶことはおおい。韓国ドラマを見ているとかなり韓国語を覚えるし、ちょっと新大久保まで行ってみたくなる。言葉に興味ある私としては共通語がたくさんあり下の訳をみたりちょっとしたごめんとか行くよとか好きとか愛してるなんて覚えてしまうのが面白い。

そういうところからお互いの文化の認知が始まるのかもしれない。

ちなみに今ローソンでチャン・グンソクの写真入のお菓子を買うと彼のクリアファイル(下写真)がもらえるよ。どんだけコマーシャリズムは利用しているのか?でもそれだけ人気があるので(今だけか?)仕方がないのかもしれない。
a0105185_18124277.jpg

[PR]

by sakua3619 | 2012-01-19 18:02 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

いまごろグンちゃんファンに?

結局4日くらい前からしっかりチャン・グンソクの「メリは外泊中」っていう韓国ドラマ再放送見ています。ええ、楽しみにね(笑)。歯医者や銀行に行く日は録画して帰ってからゆっくりと…

いまごろグンちゃんファン?いえ、多分ドラマが終わったらそうでもなくなると思います。今までがそうだった…ドラマを見始めると一時夢中になって暇なときの心の中にその主人公が浮かんでくるのです。そうなると一時的にはまっちゃった状態ですね。笑顔と恐い顔のギャップが良いです。

wikipediaで彼のプロフィール見たりね、以前のドラマでどんなのやってるかなんて。でも私は時々Googleの今日の検索急上昇ワードを見ていて「イケメンですね」というのが何回も上位にあったときに”これなんだろう”と思っていました。後から韓国ドラマでチャン・グンソクという俳優が人気らしいというのがわかりました。

先日来日したときも「かわいいね、女の子みたい」と89歳の母が言うのですから、ほんとにスターでオーラがあるのですね~。私的にはロッカーのルーズなファッションがすごく気になります。また結婚式のスーツ姿もステキ。何でも似合うのです。

グンちゃんファンはえっと言うかもしれませんが、彼が一瞬例の総理の孫の”DAIGO”さんに重なりました。彼もこの線で行けばよかったのに。ロッカーだし、基本は上品だし、今は動物好きのお兄さんになっていてもったいないです(実はダイゴも好きか?)


今までの韓国の歌手などの方は清潔や切れが売りのようなところがあったのですが、彼は清潔でルーズ、かわいくてセクシーって感じで騒がれるのも無理ないですね。

今日はグンちゃんのことだけ?じゃなくて夢中になれる人(誰でも)がいたらいいなーと思ったのです。今回は長続きするといいなー。えっ、本当はあなたも?
[PR]

by sakua3619 | 2011-12-14 21:45 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

”アントキノイノチ”を見た

新宿のATMまで行き(横浜銀行は中野にはないの)ついでといっては何だけど見たかった”アントキノイノチ”をやっている新宿ピカデリーまで。

昨年東京に引っ越してきてから映画を見ていない。見たいのはあったが見逃した。TVで”JIN”をやっていたのでそれで満足だったのかも。余談だけどJINで桐谷健太君をみて眼光がするどいなーとファンになった(競馬のCMで大泉洋君と出てる)今、夜のドラマでも探偵役で見られるので幸せ。

主演の岡田将生クンも見たかったが(彼はホノカアボーイでファンになる)遺産整理屋という職業に興味をもったから。いぜん遺産整理業の方の本を読んで感銘をうけたからです。

いつもなぜこんなに物に囲まれて生活しているのか、死んでしまったらなーんもあの世には持っていけない。でも生きている証として物に囲まれ満足しているのかもしれない。
もちろん日々の生活に必要なものがあるが、そうでもないものもある。今自分の身の回りを見回して急に自分が死んだら、後の人はどうするかと思う。

なぜこんなことを書くのかというと私も義父、義母、夫の遺品を整理したからである。身内のものはどれも捨てがたいのだ。第三者の私はバンバンと捨てていった。そうしないと片付かない。
本当にエネルギーの要る仕事でできれば本人が生前にある程度処分してほしかった。または子どもに「私が死んだらこれとこれ処分してね」と一言言っておいてほしい。

人はいつ死ぬかなんてわからないし、自分こそ、「まさか明日死なないよね」という気持で生きている。なので思い立った時、季節の変わり目、子どもの巣立ちなどの変わり目ごとに一つ一つを片付けたい。それ以前に買わない。これができないんだけど…

話がそれたが中々良い映画でした。ちょっとストーリー的に無理があるところもあったけれど、いちいち文句いいません。

認知症気味の妻が夫に迷惑をかけたくないと一人で病院に(老人ホームみたいな施設)入り亡くなる。夫は何も遺品はいらないと半ば怒鳴るようにいっていたが、妻が大事にペアのカップを持っていたことを知り、二人で庭でそれでお茶を飲んだ事を思い出す。

古い電話がベッドの下から出てきた。留守電に夫の「今日は遅くなる、飯はいらない」というような声が入っていた。(妻はそれを聞いていたのか?)その次に妻の「ごめんなさい、今日は遅くなります食事は冷蔵庫に入ってますので…」という声が聞こえると夫は号泣する…私も泣いてしまったよ。同じようなことがあったからね…

亡くなってからその人のイノチの尊さがわかる。いまわからなければ。
[PR]

by sakua3619 | 2011-11-25 08:00 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)

TVを見る楽しみ

晩秋となり、だんだんとTVを見る時間が増えてきているこのごろです^^。お元気ですか?

東京に引っ越してきて地デジになり(母は江戸っ子なのでキレジと発音、その度に違う!と言う)BSも見られるし。きれいやし、種類的にも面白いものが多く、つい録画して後で見てしまいます。

私が見るのは外国の旅行ものでしたが、311以降すべての画像を見てもむなしくなってしばらくTVはみませんでした。
最近になって紅葉の何とか路とか、国内の山登りものとか見る気分になり楽しんでいます。

それと美術館もの。「ぶらぶら美術館」は山田五郎氏がくわしく説明してくれるので、これを見てから見に行くと分かりやすくていいかも。昨日はパリの美術館で山田氏のマニアックな説明に学芸員も感心したとか。行きたいです。やはりパリ、イタリアの美術館は一度は行って見たい。

というのも横浜トリエンナーレ展を見逃したのです。そろそろ見に行くつもりでカレンダーを見たらなんと11月6日で終わりではないですか。それに気づいたのは4日。5日が歯医者で6日は法事。チーン。だめだったです、残念。


それと何気なく見た「ブラタモリ」(NHK)再放送ですが、先日が横浜でとても面白かったので次回もと予約したのですが、なんと良く見る中野駅周辺の景色が出現。駅まわりはやはり汚い…

「笑っていいとも」よりこちらのタモリのほうが博識ぶりも披露され無理がなく楽しく見られますね。今回は中野駅周辺はその昔犬がたくさん囲われていたのだという話。

江戸時代の豊かな時期にはペットとして犬が飼われていて、その捨て犬も大した数になり、それを中野の地にまとめて囲っていたという。その数10万頭、広さは東京ドームの20倍くらい。

すると我が家もその範囲に当たるかもしれない。田舎だったからねー。そういえば昔”囲町”(かこいちょう)という地名を聞いたことがあり、母から「この辺は昔お犬さまがたくさんいた」というのも聞いていた。

話がながくなっちゃうのでこの辺で。でもこういうところから歴史がすごく身近に感じられますね。それと身内自慢ですが、このタイトルミュージックは私の弟のバンドのCDからのblabla chachachaよりkickupという曲がかかっておりまする。

というわけで外出しない日は何かをしつつ録画を見ています。昨日は久しぶりにデッサン教室に青葉台までいきました。前回風邪気味で休んだのでほぼ一ヶ月ぶりです。なんとその間全然デッサンしませんでした。でも久しぶりに書いてやはり楽しかったです。続けなきゃです。
その辺の落ち葉ですがきれいですね。
a0105185_2055461.jpg

[PR]

by sakua3619 | 2011-11-13 08:00 | 本、TV,ビデオ | Comments(0)