ふつうの日々を生きる


この世に何をしに来たのか考えつつふつうの生活してます
by sakua3619
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
こんにちは。 私も『プ..
by desire_san at 14:27
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:17
私も最近紅白を見た記憶が..
by ys-kaguyama at 11:27
再びありがとうございます..
by sakua3619 at 22:46
けこです❗ 私のblo..
by keko2731140 at 13:28
コメントありがとうござい..
by sakua3619 at 11:19
はじめまして けこです..
by keko2731140 at 13:44
こんにちは 私も「オル..
by desire_san at 11:39
skuna@docomo..
by sakua3619 at 21:57
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 03:34
最新の記事
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:韓国ドラマ( 63 )


「家族なのにどうして」終わった…

韓国ドラマ「家族なのにどうして」が終わった。終わってからもうずいぶん時間がたったのに終わったロス感がいなめない。
とてもよいドラマで毎日楽しみにしていた。家族ドラマは登場人物がたくさんいてこそ面白い。かといって個性がなければつまらないのだ。

きれいな若い男女の恋愛ものは素敵だけどもう辟易している。かといってドロドロした復讐劇も面白いが疲れてきた。
この「家族なのにどうして?」は毎日少しづつ変化する日常の日々の心の変化をうまくとらえている。豆腐屋の家族である父と長女、長男、次男。同居している父の妹、その家族。次男の女友達と、その彼女を好きな友人。主人公は長女のチャ・ガンシム(キム・ヒョンジュ)でバリバリのキャリアウーマン、彼女は初めて見た気がするが、切れがよく男前の女性。

私が何度も笑ってしまったのが、その相手役キム・サンギョン(ガンシムが秘書である常務ムン・テジュ役)。下の写真の上段真ん中。その動作が何となくユーモアがあり、まじめなんだかそうじゃないのか?こういう俳優は日本でいうとだれだろう。中年の三枚目、仕事はできるがどこか抜けている。私はこの人に(俳優)にすごく思い入れしてしまい、会ってみたいな~話してみたいな~と妄想するようになり、ドラマで毎日会うのを楽しみにしていた。

彼とガンシムの掛け合いが面白いのが一つでこれは二人とも演技が上手いからだろう。丁々発止のせりふでちょっと間をくずすところがよい。
a0105185_14551928.jpg


また豆腐屋の父(チャ・スンボン役のコ・ドングンの妹のチャ・スングム役のヤン・ヒギョウンさん。ガンシムにとっては叔母さんにあたる人がツボであった。自分のできそこないの(?)娘、兄や姪や甥との受け答えがすごく間が良くて面白い。この人は以前から私が好きな女優であり、この前私が絶賛した「棚ぼたの
a0105185_1551226.jpg
あなた」や「タルジャの春」「二人の妻」「スターの恋人」と私が見ただけでも良い味を出している女優である。これは「棚ぼたのあなた」で独身でノウ天気の役で姉と同居の女性を演じたときのもの。いつもかわいい髪飾りやブローチをしていた。この役も悪びれない自己中心の演技が面白くしみじみした。


彼女は今年62歳で息子も俳優のようだ。多分オールドミス(古い言葉だが)や母親役が多いと思うがなんとなくかわいいのだ。今回は兄の病気が分かりショックで「私が塩辛い料理を作っていたからだ」と今までの事がよみがえりキムチを片っ端から冷蔵庫から出して泣きながら捨てていくのが圧巻であった。
a0105185_14564423.png


家族がテーマであるのでこれは豆腐屋のお父さんが病を知り残された時間を思う時、今までの人生でどんなに家族が大切かを子どもたちにわかってほしいと難問を出すというドラマだ。しかしながらこういう生活ドラマは日本でもどこでも日常的にある。自分たちの忙しさから、昔あれだけ親を中心にしてきた生活だったのに、今は年と共にそこから脱してしまい、それが日常化してきているのに気付かない。

母親の命日に誰も早く帰ってこないのを待つ父。ふだん待っているのに夕食は誰も来ず一人で食べる父。子どもは何の相談もなく結婚を決めてしまう。反対に結婚はしないからと捨て台詞する娘。いつまでも親はいると思うやんちゃな次男…
a0105185_15222614.png


これだけの人間の内側をすばらしく表現していて嫌味がない。脇役たちの一人一人の内側の生活もよく描けていて「そうだったのか」と納得する。いま「渡る世間は鬼ばかり」のドラマの特別版をやっているがこれは内容も登場人物も複雑でそれぞれが成長しつつ長く親しまれてきたドラマだった(見ていないが)
多分このドラマも時の流れで時代にそぐわなくなった部分が出てきたのかもしれない。そういうと韓国ドラマはまだ嫁しゅうと問題、核家族、同居問題、貧乏と金持ち問題などが日本より関心があるのかも知れない。

でも私この辺でもうドラマを見続ける事に疲れてしまった。いまのところ韓国ドラマの録画はしていないので適当にピックアップして見てはいるが、見たいからといってわざわざレンタルするつもりはないし。

今までドラマを見ていた時間は膨大でその時間を別の事にしていたら何か出来たかな~とは思うが、私の心の癒しでもあったのでこれはこれでいいのだ。
良かったらポチしてね。
シニアライフ

日々の出来事
[PR]

by sakua3619 | 2016-09-19 15:08 | 韓国ドラマ | Comments(0)

韓国ドラマは私の「逃げ道」か?

そうです。何もしたくない時もすることがある時も在宅の時はテレビの録画した韓国ドラマを見ていますが、最近どれを見ていいのか面倒になりました。

連続ドラマだと最初から見ないと分からないのです。面白みもわかないし...私は物覚えが悪いので俳優の名前も覚えられないし、最近少しは覚えてきましたが、みな似てますね。何となくあーあの人かしら?と見てみると違ったり。俳優というより私は女優が好きです。

最近のヒョンビンの「ジキルとハイド」の相手役のハン・ジミンさんはファン・ジョンウムさんと同様好きな女優です。確かユチョンの「屋根べやのなんとか」の相手でしたね。それと「恋はドゥクンドゥクン」の相手役コン・ヒョジンさんは「主君の太陽」を見てから面白いと思うようになりました。

また同じく「ドゥクンドゥクン」の主人公の昔のグループの一員「イ・ヨンナ」さんが先日の「マイ・シークレット・ホテル」に出てて、先日のヒョンビンの再放送「シークレットガーデン」にも出てて、みなキャラ的にはそんなには変わらないのでけっこう「便利な」女優なのかもと思いました(きらいじゃないですが)

でも一番好きなのはキム・ソナさん。ヒョンビンとの「私の名前はキム・サムスン」から。こういうドラマ日本にもないかな?と思いつつ、似ている「鈴木砂羽」さんのファンにもなりました。彼女も年下の彼と結婚しましたね。

午後買い物やら、母の施設やら、習い事やら終えて帰宅ししばらくお茶なんか飲んでおかし(せんべいなど)つまみながら「さて」と続きを見てしまいます。なぜ日本のドラマじゃないのかしらと自分で思う。いえ、二時間ドラマの「相棒」や「科捜研」「赤い救急車」見たいのは見ていたが見慣れてつまらなくなった。

韓国ドラマを見ている人は以前アメリカンドラマを見ている人ではなかったろうか?私もその一人で「デスパレートな妻たち」「LOST」などは何度もレンタルして見たがストーリーが面白すぎて(!)訳がわからなくなってしまった。要するに日本語で意味がワカルよりも外国語の意味がわからなくて字幕を見たり見なかったりの方が「ボーっ」と見ていられるのではないだろうか?

私は特に好きな俳優はいないがきっかけになったのは「チャン・グンソク」氏だった。「メリは外泊中」がありえない設定でそれから「イケメンですね」と続き、彼の出演作はレンタルでほとんど見た。でもその後何作か出ているのを見ると面白くない。最近の「キレイな男」は浮いていたし、「ラブレイン」はチャン・グンソクそのものが前面に出てしまっている。指を口に当てる動作はもう止めてと言いたいくらいで見たくない。もっと個性的な汚れ役をやってほしい。

おっと、韓国ドラマは逃げ道かというタイトルだった。そう、ドラマの録画を見ている自分にも腹がたつ。何もやらずにこういうことをしてていいのか自分!っていう感じ。一刻も早く見るのを止めて他の事をやらなければと思いつつ、ぼーっとストーリーを追っている時間が楽なんだと思う(他人事!)そうして一日が終わってしまう。

昔、ペ・ヨンジュンのヨン様ブームが起きた時はメディアで騒がれ今の私くらいの人が頬を染めて「ヨンジュン氏が...」っていうのを聞いてぞっとしたけど。それは今まで何かを愛した事がない年齢でここまできて、自分たち老人をも受け入れてくれるハンサムな韓国俳優が現れたということだと分析していたが。
韓国は老人を大事にするしファンなら日本人でも受け入れるし、お金につながるので愛想が良い。

何年か前の韓国人が例の島に上陸した時に国民気質の違いを目の当たりにしたけど、ドラマは見ていた。でもグッズとかは買わないよ。あっちに流れていくから。私は韓国人がきらいなわけではないし、知っている人もいるが、大きな意味での国の政策的なものに違和感を感じる。

だらだら書いたがこれが私の逃げ道でストレス発散のために見ているということがわかったのが悲しい。


今見ている「一理ある愛」めずらしく男優、オム・テウンがステキと思う。
a0105185_17373057.jpg

「主君の太陽」のコン・ヒョジンさん、ソ・ジソプ氏は「バリでの出来事」から年を取っていないし。
a0105185_17374941.jpg

美人じゃないけど憎めないイ・ヨンナさん
a0105185_1738834.jpg


良かったらポチしてね。
シニアライフ
日々の出来事
[PR]

by sakua3619 | 2016-06-20 17:19 | 韓国ドラマ | Comments(0)

バラ色の恋人たち、イ・ジャンウ

実はこのドラマ少し見て止めてしまった。当時他の面白かったのが多くダブってしまい面倒になったのだった。
でもそのドラマが終わり、ふとまたこの「バラ色の…」の続きを見始めたら結構ふんわかして面白く最後まで見た。ので途中はスルーしている。今また他のチャンネルでやってるね。

しかしながら、52話と長編ながら見ていて悪寒がするほどのいじめもなかった。一番感動したのは(笑「)福寿草」や「百年の遺産」で悪役をやっていたユン・アジョンさんが今回は普通の主人公の姉役になっていてちょっと笑える演技で好感が持てた。しかもその相手役が「リトル・ペ・ヨンジュン」と言われるチェ・フィリップで、このカップルは脇のストーリー展開で結構ツボに入った。

もちろん主役はイ・ジャンウで、彼も主役が三作目とか。「笑ってトンへ」では確か主人公に対する悪い役?だったかしら。次のキム・ソナとの「I do、I do」では純朴な青年を演じ好感が持てた。さすがキム・ソナと思った。今回は落ち着きがでて子持ちのパパ役での演技ながらフレッシュさは変わらずステキで、子役のイ・ゴワンも可愛くて好きだった。

脇を固めるパク・サンウォン、イ・ミスク、チョン・ボソクも見ものであった。特にいろいろな役をこなすのに定評があるチョン・ボソクは今回は悪役で主人公の彼女ハン・ソナ(Kpopのシークレットのメンバー)の父役。
自分の将来を夢見て周りを顧みず、ひたすらマザコンの金の亡者。母にダイヤの指輪を買い、妻にはそれ以下の洋服で我慢させる。なにこれ!

この人が唯一の悪者だったので見ていて安心(?)でもあった、期待通りの最後であり、改心して静かに母のお墓のそばで過ごすのであったが。彼は障害者の役はそれなりに、カッコイイ役も、ヤクザの役もそれなりに納得して見てしまう貴重な役者だと思う。

今は録画をして少し見て面白くないと録画設定を消している。この前録画した「花じいさん捜査隊」は他の録画とダブってしまい5,6話くらいしか見られなかったが若い人気俳優が出ていないのに面白かった。敏腕刑事たちが何かの薬によっていきなり年寄りになってしまう。そのまま事件を解決していくというもので最後は元に戻ると思うが、色気もなくただストーリーで見せていた。

「私の人生の春の日」も最初は心臓移植で元の移植した夫との恋愛という面白そうな設定だったが、何回かみてつまらなくなってしまった。主人公のカム・ウソンが演技が上手いと書いてあったが「?」であった。ただ相手役のスヨン(少女時代)が明るくピチピチしていて好感がもてた。その抜群のスタイルも見るたびにため息がついた。

いまは時々見たドラマの再放送を楽しんだりしているが、明日からヒョンビンの「ジキルとハイド」が始まるので楽しみにしている。「シークレット・ガーデン」も再放送されているが何度見ても面白い。やっぱりヒョンビンが上手なのです。面白そうなドラマを見つけるのも大変です。

今回はいい味出し当てるユン・アジョンさん。福寿草の時は死ねって思ったけど(笑)
a0105185_1754461.jpg

こんな素敵な人が夫だったらいいね
a0105185_1742094.png

リトルペ・ヨンジュンのチェ・フィリップ氏。舞踏家だったそう。
a0105185_1744227.png

この子役の子がかわいい。一生懸命セリフを言ってて、ほかの人がしゃべっていると一生懸命聞いてる。
a0105185_175437.jpg

花じいさん捜査隊。今度再放送があったらゆっくり見たい
a0105185_1764123.jpg

抜群のスタイルのスヨンちゃん。ほかに何が望みか?
a0105185_1710974.jpg


良かったらポチしてね。
日々の出来事

シニアライフ
[PR]

by sakua3619 | 2016-05-15 17:17 | 韓国ドラマ | Comments(0)

やっぱり見ている「天使の選択」2

それと先日「秘密」全編一挙放送をBS?でやっているのを見つけました。これは第一話だけ優先して無料でやっていて、次からは私の支払っている有料放送の中ではやっていなかったので諦めていました。
でも待てば海路の日和ありとやらで一括放送と!で、はて困った。夜中もやり続けるのだ。当日は一生懸命見つつ家事をして出かける時間は録画してと見続け、夜は朝5時終了にあわせて寝ている時間は録画しました。

これは第一話から見るとストーリーがおもしろいです。ミステリーとラブロマンスでいわゆる韓国ドラマの王道で会社の社長や専務などの金持ちに対峙する貧乏人が出てくるのですが、私が好きなファン・ジョンウムが出ているので、それだけで特した気分。彼女はちょこちょこ見ていますが「フルハウス2」が良かったです。本当に身の丈の役どころがマッチしていて金持ちでお高い役は似合わないのでは?

相手のチソンさんもハンサムすぎずカッコつけすぎずの好青年(ツンデレの御曹司だが)で見ていてイヤミがなくステキでした。

a0105185_21503153.png

a0105185_21505413.jpg


それとたまたま見つけた「主君の太陽」。名前からして時代劇かと思い見ていなかったが、なにかの拍子でつけたら意外と面白く見つけては録画していました。多分日曜だけかと思ったが、二回やるときもあり、一度のときもあり、なんとあっという間に昨日最終回になってました!

このドラマの主人公は私の嫌いな(すみません)ソ・ジソプで女優がコン・ヒョジンだったけど、このドラマでソ・ジソプが意外と面白かったので嫌いではなくなりました。でもいわゆる「バリ出来」を見て「この人何て暗いのかしら」と以後見なかったけど、コン・ヒョジンと一緒なのでどういう風になっているか気になったのですね。

彼女のドラマは「パスタ」で見て何とスタイルがいいんだろうと思いました。次の「恋はドクンドクン」ではあまり特徴がなかったものの存在感はありました。韓ドラの「女性」を売りにするタイプではなく、着ている洋服もシンプルで日本人好みのところもいいです。今回は彼女のユーモアのセンスが滲み出ているのがわかりました。霊感が強いのでつい霊が見えてしまうその演技が面白く笑ってしまいました。

a0105185_21531020.jpg


ただ前出の「バリでの出来事」の」チョ・ヒソン氏と共演の「大丈夫、愛だ」は見ていません。何度か見ましたがチョ・ヒソン氏があまりにもハンサムで非の打ちどころがなくちっとも面白みがなかったので(変ないいわけ)でもまたチャンスがあれば見るかもしれません。何たってCSは何度も何度も同じドラマをやってるし。

見ていると時間の無駄と思い終わったあとは「もう見ない」と思うのですが、つい暇なときに見てしまう、中毒と思います。韓国ドラマの前は娘と見た「ツインピークス」から始まり「Lost」や「デスパレートな妻たち」、タイトルも忘れたけど随分見た。これは英語の勉強になるなと思いつつ字幕中心だったが。

というわけでまだ韓国ドラマ飽きるまで見るかも、でもまたアメリカンドラマに戻るかもしれませんね♫。

良かったらポチしてね。
日々の出来事
シニアライフ
[PR]

by sakua3619 | 2016-02-02 00:00 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「天使の選択」やっぱり見てる

前回の連続ドラマの録画モードをそのままにしてあったので、以前見た「天使の選択」が再び録画されている。多分違う局で一時間くらいが毎日だったのが今回は朝8時過ぎから10時~10時半くらいまで。
見るのをやめようと思ったが当時これといって他を探す気もなく、結局毎日暇なときは見ている(笑)

これもまた、愛憎劇で有り得ない展開が繰り広げられるが、これに慣れてきているので(!)以前ほど嫌にならない。「こういう作りなのね」と。私が好きな俳優、女優は出ていないがチェ・ジョンユン/チェ・ウンソル役
チョン・ソンウン/ワン・ミンジェ、ユン・ヒソク/パク・サンホ役、コ・ナウン/カン・ユラン役の4人がメインです。

この中でユランが皆の憎まれ役を一手に引き受ける。が、彼女の顔が少し我が家のお嫁ちゃんに似ているので少しうしろめたい(事はないんだけど)。このドラマでユランの悪事が子供っぽすぎるのと、それに対応する夫のサンホが揺らぐのがうける。それと主人公のウンソルの弟が記憶障害になり記憶が5歳児になってしまうが、途中で意識を回復する下りでの彼の演技です。

この弟役はチュ・ホンヨプという人ですが以前あまり良い役ではないのをドラマで見ました。このドラマの後、「神のクイズ」に出演していますね。彼は麒麟の田村さんにどことなく似ています。

このドラマがユランが悲惨なことになるのはわかっているので今はもう「この後のドラマは何だろう?」という関心があります。でも2月に手術を控えていて入院するとテレビを見れるかどうかちょっとわかりません。重くはないのでゆっくりと過ごしたいと思ってます。

a0105185_21421693.jpg


続きます。
良かったらポチしてね。
日々の出来事

シニアライフ
[PR]

by sakua3619 | 2016-02-01 00:00 | 韓国ドラマ | Comments(0)

百年の遺産、ククスが結ぶ愛

前作の「棚ボタのあなた」が終わり、録画予約状態はそのまま続いているので、自動的に「百年の遺産ー」を見ています。これは一時間ものが二本たて続けなのでリアルタイムでは8時から10時半まで見ていると午前中の仕事ができません^^

でも、朝食食べながら、洗濯機をまわしながら、掃除しながら、化粧しながらで見ています。用事のあるときは帰宅後の録画を見るのがお楽しみ。

さてこれは若い主人公ユジン扮するミン・チュウオンとイ・ジョジン扮するイ・セユンのロマンスが中心ですが、最初から結婚している彼女は姑に気に入られず、意地悪されて別れてから色々なことが起こるのです。
でもあんなに意地悪されて我慢して結婚するなら初めからしない方がよかったのではと思いますよね。
おまけにチェ・ウニョン扮する前夫役のキム・チョルギがしつこくあきらめずチュウオンを追いかける…見ていていやになりました。

でもサブドラマでもカップルがあり、チュウオンの父チョン・ボソク扮するミン・ヒョドンとチョン・インファ扮するヤン・チュニのカップル、三女のソヌ・ソン扮するオム・ギオクとパク・ヨンギュ扮するカン・ジン(元歌手)のカップルがベテラン同士で面白くてしかたなかったです。

チョン・ボソクもチョン・インファもベテランですが、やはり面白さもあり、チョンインファなどは「製パン王金タック」でこれでもかとうほどのキツイ奥様だったのが、今回はやんわりとやさしくてホッとしました。
また元夫役のチェ・ウオニョンは素敵な俳優だが、ここでは少し太鼓持ち的な馬鹿な夫を演じている。
調べていておどろいたのが私生活での妻がこの「百年のー」でホジュン役(次の妻)をやったシム・イヨンである。彼女はなかなかの強者の財閥の娘役だが、前回私が見た「棚ぼたのあなた」ではイ・オク役でちょっと知的に幼い妻を演じていた。その前は「メリは外泊中」で悪賢いマネジャー役。

ただこのシム・イニョンはスタイルが良く足がきれいねーと感心していた。実の夫であるチェ・ウオニョンはイマイチ主役ではないが準主役で出ているのが多い。この人チャン・グンソクに似てるwと思った。調子の良さとか着ているものとか動きとか。グンソク君も年取ってくるとこういう役どころがまわってくるのだろうか?けっこうツンデレ役より太鼓持ち役の方が彼にあっているのではないか。

またその妹のユン・アジョン扮するキム・ジュリだが、この人は「福寿草」でも最悪の女を演じていた。こういう悪い役は見ていて気持ちが悪くなるので飛ばしている。多分こういう人はいるのだろうが私の周りにはいない。
でも全体的にそんなにワクワクすることもなく適当に面白いので毎日見ている。
なんたって「たなぼたのあなた」が終わっちゃって「棚ぼたロス」になったからね。

こういうたくさんの人間が出るドラマは「あ、この人この前ではすごく悪い役だったのに今回は警察官だとかこの人はいつもいじわるばあさんだけど、今回は物分りがいい姑ね」とか一人で妄想にふけっているのが楽しい。主人公のユジンは最初見たのが「製パン王キムタック」でそんなにたくさん出たわけでもなく、スタイルや顔が抜群でもないのにここまで有名になったのかと感慨深い。シン・セギョンも同じような感じを受けるが。

今週あたりから出生の秘密(よくある)のクライマックスに突進しているが今後の予測はつく状態。今月中には終わらないと思うのでゆっくりと年末の仕事をしながら見ていこう。

写真がうまくアップできなかったが左からベテランのチョンボソクと一人おいて後妻役のチョン・インファ。この二人がいい味を出している。
真ん中の三女役ソヌ・ソンと下段右のパク・ヨンギュ。パクヨンギュハベテランでどのドラマでもちょっと笑ってちょっと悲しい感じのいい味出してるね。
下段左はチェ・ウオニョンと実際の妻のシム・イニョン(ここでも夫婦役)

a0105185_16189.jpga0105185_1615467.jpg


a0105185_1622129.jpg
a0105185_1625121.jpg


a0105185_1634532.jpg
a0105185_164765.jpg

よかったらポチしてね
シニアライフ

日々の出来事
[PR]

by sakua3619 | 2015-12-13 15:56 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「たなぼたのあたな」におけるファッション

えへへ、ついにこんな事をかくつもりです。
私は韓ドラは楽しみで見ているだけなのですが、今までのドロドロ系のドラマが印象に残りつい比較してしまうのですが、このドラマはいたって普通に物事が展開していくので安心です。(変な例えですね)

その一つにキーキーと怒ったり物をなげたりする事がないのがあげられます。多分誇張でされているとおもうのですが、いつも男性が「くそっ」といいつつ会社や自分の机の上のものをザーッと投げたり、蹴飛ばしたり。女性もそんな感じです。それといまだに携帯が嫌な奴や出たくない時に「電池」を外し投げつけます。「?」でした。出たくなければ出なくていいのに。電源を切ればいいのにと思いました。

でもこの「たなぼた」はそんなことはまれです(たまにある)起きるときにジージーと携帯が鳴り、テーブルから落ちるというのもありえることです。そういう細かいことがキチンと描かれてます。ゴミを出していてつい横にあるゴミの中身(透き通っているの)を見てしまうというのもあり得ます。なのでクスッと笑ってしまいます。

ファッションも奇抜でなくて若い人の今時の洋服です。主人公のユニはTVのプロデューサーなのでそれなりのきれいな格好をしていますが、派手ではないと思います。むしろその世代の方は「真似」したいのではないでしょうか。もちろんこのドラマを協賛しているメーカーが入っていると思いますが。
それとピアスかイヤリングも目立たず、家にいる長女などはしていません。働いていないのでそれが普通だと思います。出かけるときはちょっとおしゃれするのが一般です。三女の男気ある(私は好き)イスクはかっこよくいつもパンツにシャツや上着で男性と見間違うほど。化粧もほとんどしていない設定と思います。

そして私と同年輩の母親(姑)の格好がこれまた普通で良いのです。韓ドラは金持ちはキラキラしたファッションで貧乏人はいかにもという格好なので(私が見た限り)またかと思っていましたが。いえ、他にもシットコムのような今時の連続ものは日常的な格好ではありましたが。

母親の「オム・チョンエ」(ユン・ヨジョンさん)はスタイリストの言った洋服なのか自分で選んだものかよくわかりません。けれど、ユニの母親と比べると地味で日本人のような格好です。彼女は他のドラマでも結構スカートにセーター(単色の無地)みたいな格好が多かったような気がするのです。カラオケに行くときも上着も地味で飾りがついてません。セーターもアンサンブルに長いスカートだったり、日頃私もするような感じです。
そしてピアスもしていますが、ダイヤの(多分)小さい一粒のもの。とても親しみが湧きますね。

ストーリーはドンドン進んでいきますが、「すごい悪人」はいないので安心です(?)癒しで見ているのであまり凄い展開だといやになるから。主人公の夫のパン・グィナムが素敵すぎます(人間的に)こういう人がいたら惚れてしまうでしょう。

というわけで毎日このドラマ中心に生活してます(見たら出かける。もしくは帰宅して録画見る)結構メリハリがついてます(本当かな)

a0105185_22161086.jpg

姑のオム・チョンエ役のユン・ヨジュン氏とパン・グィナム役のユ・ジュンサン氏
a0105185_21562975.jpg

それぞれ個性的な家族たち(ユニにとっては姑や小姑たち)


良かったらポチしてね
シニアライフ

日々の出来事
[PR]

by sakua3619 | 2015-10-21 21:45 | 韓国ドラマ | Comments(0)

ドラマに見る嫁姑関係

いま、CSの韓国ドラマ「たなぼたのあなた」を見ていますが、地上波ではないので契約している方しか見れないのが残念です。でもそのうち地上波でもやるかもしれない。もしそうなったらもう一度見ます、ってまだ終わってないのにね^^

ここでの嫁姑関係は従来の韓国ドラマのようにドロドロではないのが、非常に共感するのです。その他にもマクチャンドラマ(韓ドラの何でもアリ)を代表する部分は少しはあるものの、キチンとその過程を見せ、またああなったからこうなった的なことが視聴者に説明されてすっ飛んだ所がないのが楽しく見ていられるのです。

その中でも急に夫の親が見つかり、その家族が増えた主人公のユニさんが可愛いです。いままで「嫁姑の苦労はしたくない」故に孤児からアメリカに渡り、医者になった旦那を選んだというのに。陰口をたたかず夫に相談し悔しい時は悔しいと言い、従うときは表面で笑って従う。日本的な部分です。

このユニの職業がドラマのプロデューサーでいわゆるマクチャンドラマを扱い「有り得ない」からなんとかしてと作家に頼み、監督に頭を下げるのが仕事。ドラマの中で演技を見つつ「こんなのほんとにして見てる人いるかしら」なんて言ってます。
また作家は「これは最後にどんでん返しがあるの」というとユニは「また記憶喪失ですか」と返すのがおもしろい。仕事で頑張っているのに姑たちから「子ども」を期待され「夫と産まないって決めんたんです」と言います。

それでもツワリじゃないか、体を無理しないで仕事しなきゃいけないとか余計なことでつっこまれ「はい」と笑って答えるユニ。この夫婦は大人です。(もちろんドラマでね)姑さんもおばあさんも素朴にお嫁さんを心配するあまり言い過ぎるのです。でも30年間行方不明の息子が見つかったので当然ですね。

私はどちらかというと「姑」の立場ですが「嫁」だったこともあり、両方の気持ちがわかり複雑です。息子の家といってもあまりドカドカと入ってはいけないですね。私は新婚当時夫の実家の近くに住んでいましたが(それも夫が近くを選んだのです)、ある日仕事から帰ったら鍵が空いているではありませんか!

そしたらお義母さん、お義父さん、義理の妹二人がいて「わるいけどお風呂が壊れたので借りに来た」というではありませんか。びっくりしました。仕事でいなかったとはいえ、帰宅したら来ればいいのに。鍵を預けてあったのです。これもお母さんたちの結婚したら嫁は息子に属して家族だという教えから来ていて「慣習」の一つです...今はそんな事したら嫌われますよ。

でも息子を嫁に取られるという気持ちは分かります。実際うちでも夫が私の実家に来ていろいろ母と話すことが多かったです。私が実家が東京なので便利で子供をつれてひんぱんに遊びにいき、泊まったりました。でもその後義理の両親と一緒に住んだので随分親孝行だったと思います。実際私も息子もいますが、ほとんど連絡がなく寂しいですがそんなものかと思っています。その代わり、娘はいろいろと連絡がありますが。

亡くなったお義母さんも最後の方で一緒に住んでくれてうれしいと言ってくれました。人は誰でも他人といくら仲良くても暮らすとなると別ですから気苦労はお互い様なのです。そんな時に一言「ありがとう」「うれしいわ」などの言葉をかけてもらうとそれだけでほっこりするものです。

すでに義理の両親は他界し、母もしゃべることが出来ず寝たきりになりました。私ももういい年になり果たして親に何がしてあげられたかを思っている今日この頃です。
まあ、そんな意味でこのドラマがすごく良くて泣いて笑って見ています。

良かったらポチしてね
日々の出来事

シニアライフ
[PR]

by sakua3619 | 2015-10-17 22:38 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「チャンファ、ホンリョ」ンが終わって

本日、長かった韓ドラ、しかも朝の8時10分からの「チャンファ、ホンリョン」が終わった…
って、それだけのことです^^。弟が自分のTVにスカパーをいれて二つ目は安くなるからと居間のテレビにもCSが見られるようにしてくれた。

当時母が時代劇も見られるからということだったが母が入院して私一人で「見放題」^^料金を払ってもらっているので私はDHCの「水」を毎月渡している。これは定期的にとると毎月880円なのでテレビの衛星放送料金より安いのだ。私の気持ちとして使ってもらってる。

後でわかったことだけど、「CS」はとてもいい番組があり、たまたま韓国ドラマを見始めたけど旅チャンネルなどの旅行物が種類も多く、ナシュジオチャンネルなど自然や興味深いトピックスをたくさんやっていて楽しい。何かをしながらだと二三時間カラオケヒットとかを流しながら音楽だけを聞いている時もある。

今回の「チャンファ、ホンリョン」は復讐物というよりしゅうとめを間に挟んだ女のドラマだった。決してメロドラマではなく、その点俳優がイケメンが一人もいないというちょっとつまらない点もあったが、そうだからこそ、身近な生活感を感じ、同調したのだと思う。

ただお手伝いさんがつけまつげしてたり、臨終の姑の爪がきれいにネイルしてあったりと日本のドラマでは考えられない点もあった。韓国ドラマの登場人物は常にきれいにしていてそれなりの生活感を感じないのはどのドラマを見ていても感じることだ。
昔日本で「時代劇」の中で髷(まげ)がいつもきれいで戦っているのにおかしいということがあってそれ以来、それなりに髪が乱れてきたが、そういうことなのかもしれない。

ただホンリョンの女優さんはとても日本人好みのような気がするが、昔の女性のタイプかも知れない。役柄的にチャンファと対比するために「耐える」が「意志の強さ」もあり応援したくなるが最後は自分で道を切り開いて良かったと思う。

このドラマで言いたかったのは「諦めなければ苦しみは次の人生を切り開く過程に過ぎない」ということか。
私はただスチャン(片思いの顔の濃い男性)に早く諦めて欲しかった^^。ズルズルとホンリョンを想う気持ちにイライラしたのも私だけじゃないと思うけど…

こうしていつまでも韓国ドラマを見ていると時間の無駄かもと思ってしまうが、今はただひとつの楽しみになってしまった。もちろん、水彩画や英会話も楽しいけど、母が入院していて唯一旅行に行くのに気が引けるので家の中での楽しみに走ってしまうのだ。

さあ、次のドラマは?
水彩は先生(中国籍)がビザの関係で中国に帰っていて代わりの男の先生が代替えで教えてくれているが今までのやり方がガラガラと壊れて違う絵になってしまうのだー。下は今までの水彩。
a0105185_2245899.jpg


良かったらポチしてね

シニアライフ

日々の出来事
[PR]

by sakua3619 | 2015-10-01 22:06 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「チャンファ、ホンリョン」のドラマもうすぐ終わるね。

CSのチャンファ、ホンリョンがもう終盤を迎えていて、何となく見ていたにしては結構思い入れが深くなっている。この韓国ドラマは好きな俳優、女優はいない。若いイケメン俳優もいない。主人公の女優チャンファ、本リョンも特に強いキャラクターではない。その分親しみが沸くのだろう。

このドラマも「ありえない」設定で「またか!」の連続。でもそれに慣れてしまい「で、どうするのよ?」って思うようになった。韓ドラを見始めた頃はあまりのスゴサ、汚さ、豪華さ(金持ちの家など)が激しくて気持ちが悪くなった時もしばしば。

もちろん、普通のドラマや映画はそうではないと思うし、他の心温まるドラマもあるのも知っている。「冬ソナ」はリアルタイムで見ていないが、当時のおばさまの心を揺さぶったてあろうストーリー展開があったのだろう。
でもこの復讐ドラマってある意味韓国人の本質をえぐっているのかもしれないなと思うようになった。もちろん日本人も復讐する気持ちはあるけど、表面的に激しくドラマチックにしたストーリーは受けないと思うのだがどうでしょうか。

私はこの「チャンファ、ホンリョン」でいつも見て嫌になるキャラがあり、イライラしてくる。作家は常に一本のドラマでかならずこういういやな人物を「これでもか」と出してくる。今回はチャンファの父、お金の事ばかり考えて自分の都合のよいように物事を持っていく。その妻(ホンリョンの母)も煮え切らずオロオロと夫とホンリョンのいいなり。それと「ソクトゥ」というホンリョンの子供の父。金のためなら何でも悪いことをするヤクザ。

このソクトゥは俳優が上手くて本当にヤクザな役が合っていて多分本当にこういう性格かもと思わせてしまうのが恐ろしい^^。ほかのドラマではどんな役をやっているのだろう。私的にはゴンミ役のチェ・ナレさんが好きです。こういう役はドラマの中では必須ですよね。

実は先日見たドラマでタイトルは忘れたがかなりの悪役で顔もそれなりの顔をしていると思っていたら、今回ちょっと見始めた「トロットの恋人」で良い役をやっていてオヤと思ってしまった。先入観はおそろしいですね。
このトロットって何だろうと思ったら「演歌」らしいです。主人公は」KpopのAPinkのチョン・ウンジ。彼女は美人ではないが親しみやすく、相手は以前書いたタイムスリップ物の背の高いチ・ヒョヌ。。彼も今回は少しおもしろい感じで見て楽しい。

などと書いているが三年くらいやった「ハングル勉強」をやめることになった。ちっとも話せないし、行くことが負担になってきたから。ドラマを楽しく見て時々勉強することにする(英会話をやりだしたので別に月4000円はちょっとということになったのだ)あまり欲ばってもしょうがないし、残された時間も限られてるしね。
a0105185_22294056.jpg


良かったらポチしてね。
日々の出来事

シニアライフ


ここでグダグダ韓ドラの感想書くのも結構楽しみになってます’@o@
[PR]

by sakua3619 | 2015-09-24 22:08 | 韓国ドラマ | Comments(0)